すっぽんもどき【豚鼻亀】

来たね久々

今日は、久しぶりに豚鼻亀の水槽の掃除だ。

水は少しずつ変えているのだが、苔が付き始めたので・・

思い切って大掃除することにした。


いやいや、流石に大変だ。

小さいと言えども60センチの水槽・・・

結構時間がかかる、腰まで痛くなりそう・・・

その間、3時間ほど奴は外だ。


外と言っても、屋外ではない・・・

浴そうだ、下手な処に置いてをくと何でもぶつかり危ない。

結構動き回りますからね・・・・

浴槽の中でも、大暴れガチャガチャうるさい。


まあこんなに長く外に出す事無いので・・・

ビックリもあるのだろうが、動くのを止めようとしない。


しかし出して見てビックリ、見た目よりかなり大きくなっている。

それに重い、出そうと持った瞬間、前足で払われて・・・

落としそうになってしまった、危ない危ない・・・

力も相当なものだ。


buta1.jpg



尻尾まで入れるなら、30センチはこえる。

厚みも相当なもの、重くて当たり前だ・・・

振り払う力も油断していたら、落としてしまうのも分かるでしょう!


しっかり計っていないので分からないが・・・

これ以上になると、鍋にしなくては・・・


な〜〜んて、まあ水槽が小さいからこれ以上は無いと思いますが・・?

その時はその時ですね・・^^

すっぽんもどき【豚鼻亀】

久しぶりに登場

なかなか出てこれないのが、豚ちゃんこと・・・

すっぽんもどき【豚鼻亀】、冬場はおとなしすぎて・・・

こいつ大丈夫かと、ハラハラドキドキさせるが・・・

夏場は、一転うるさいぐらいに暴れまわる。

温度が下がると冬眠状態になるのだろう・・・

20度を下回ると・・・

いきなり目を閉じ始める。

温度調整してやらないと死にそうな動きになる。

お〜〜いこいつこのまま目を閉じて・・・・

そのままじゃないだろうな・・・な〜〜んてガラスをたたいて

目を開けさせることもしばしばあった。


しかし、暖かいところの出だけあって、温度上昇とともに

動きが変わる。

半端じゃないぐらいに、勢いづく・・・


最初のころは・・・そんなことも知らないで心配させられたが

もう今では、餌やるだけでほとんど相手にされない・・・

可愛そうだが、やはり水中動物、出して遊べないのが

子供たちに相手されない原因だ。


目と鼻を見ると、つぶらな瞳に・・豚鼻で何とも言えず・・

愛嬌のある顔をしているのだが・・・大きくなると・・・

やはり可愛らしさも半減してしまう、人間て勝手ですよねぇ!!

018.JPG034.JPG


最近では、餌をあげる時だけ顔を覗き見るぐらい・・

奴もこちらを見上げる、何か言いたそうだが・・・?

解らないからしょうがない・・・

ウサギ語はだんだんわかってきてるのだが・・

スッポンもどき語までは、さすがにわからない!!

な〜〜んてバカしか言えません。


お腹がすくと、奴も忙しく動き出す・・・

伝える方法がないから仕方がない

水面で、バチャバチャと音を出すか・・・

あるいは、水ぞこの・・・・小石をほじくり返して音を立てる。

これが、スッポンもどき語【1】であり全てかも…?

<< 1 2 3 4 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。